Pharos <横浜より! 有形無形なモノ作り と おもしろ情報などを発信>

横浜を拠点に活動。有形無形なモノ作り、情報を発信しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伝統工芸、伝統芸能について

今回は、と或る匠の作品いついて掲載させて頂きます。

先般、別のサイトよりこの情報の一部をご覧に成って、
すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
より詳しく、別の確度、別の作品も含めて掲載させて頂ければと思います。

先般、ご縁あって、ある匠の作品を入手いたしました。
※注(掲載の中の一部の作品は、自己所有物ですが、他は、兄の所有物、等々となりますのでご了承願います。)

事の繋がりは、私の兄の知り合いで、能面、狂言等の面を作成している方です。
実家(西東京)の地元の方ですが、その手の業界の方には、とても著名な方かと思います。
まだ若くもキャリアは長く、その才能は、驚きです!!

その匠の作品を掲載させて頂きます。
作品は、根付け(帯につける合切袋等の留め具、おおよそ、7CM位の大きさの作品です。)
左:翁(おきな)
伝統工芸

右:賢徳(けんとく)
伝統工芸


伝統工芸


他の写真も、上手に撮れておりませんが、あしからず。
伝統工芸(根付け)写真


別:猿 わずか6cm位の大きさ
伝統工芸



実物の仕上がりは、圧巻です。根付けでありながらも、凄い!
正気、道具(根付け)としての使用目的で購入したものの、
余りにも立派な出来栄えであり、
道具目的に使用するには、勿体なさ過ぎで、今は、大切にしまっております。
贅沢ながら、使用目的とおり”根付け”として、使用するべきか、否か…。

作者名、制作者名の承認が撮れましたので、以下、掲載いたします。
是非、覗いてみてください!!
新井 達矢
ホームページ:新井達矢 ホームページ
ブログ:新井達矢ブログ

ちなみに、私とFacebook繋がってます。
******************************************

伝統工芸にちなんで、この様な話も発信させてください。

誰しも、何かの要因があり結果という事の運びにあるなれば、…

私が、この様な伝統工芸、伝統文化に対し、事を「知る」きっかけの要因たる一部ではありますが、
嗜みの一つでありますが、囃子や神輿といった伝統行事が、身近に経験体験が有った事と思います。
また一方では、外国人との交流も少々あり、そんな点より自国の文化とは?何ぞや?といった事に対する、
自分の知識が無かった点、…等々、言葉、発信に出せない事が、気がかりにあった点であり、
であれば、多少なりとも、この様な伝統工芸、伝統文化に対し「知る」に値する経験をしたいな…と思いました。

端的なら、
自国として、どの様な文化があり、それを伝える事がであろうか…?といった点が、
自分の情報?知識?として、あっても良いのではないかとおもいました。

自分は、日本人でありながらも、あまり自国の文化等知らないもので
(おはすかしながら、文化だけ知らないのではなく、いろんな事にまだまだ無知な自分ですので(苦笑))、
この”知る”” 触れる” 事が、何かのご縁と思い、
これを機にもっとこの分野に「知る」「触れる」「体感する」事も良いかなとおもいました。

その”知る””触れる””体感する”事のその魅力に見せられ、深みにハマって頂ければ何よりです!(笑)

限りある、時間と費用をどのような点に労力を向けるか、
皆さんも日々の中に、この様な伝統文化、伝統工芸や芸能、交流や体験に
少々「知る」「触れる」「体感する」事がある事もおすすめいたします。

さて、長くなりましたが、その様な文化的な事柄から、以下を記載したいと思います。


先般、「狂言」と言うものを体感しました。(だいぶ前かな…。)

ちょっとその前に、プロローグに成りますが、
「狂言」
皆さんも、多分そうかなとおもいますが、「狂言」と聞いて、
学校の社会科事業の教科書で、試験問題で、などなど、そんな程度に「言葉」を聞いた、知った、程度だと思います。

自分ごとですが、
若かりし頃、15年位前、テレビ番組で「狂言」についての番組を見たのが最初のきっかけでした。
「狂言」:古典芸のでありながらも現在に通ずる、
もしくは、現代風にアレンジしながらも古典芸のである楽しさ、滑稽さ、はたまた、雅というか、
その日本人故に、繊細且つ洗練された滑稽と愛嬌のある笑いが、良かった。
…説明が至らないと思いますが、知った記憶が、心に残り、今に至ります。

皆さんの身近なところにも、きっと能楽堂たるところがあるかと思いますが、
ここ横浜にも能楽堂があります。
毎月第2日曜日は、布教と行って良いか、とても費用をお安く、狂言についての解説付き、2話の構成で行っております。
横浜狂言堂
(※リンク承諾得てなく、失礼します。)

まだまだ、知ったばっかの者ですので、そのいろはが分かりませんが、行って、感じて、面白かった!と感じてもらえるかと思います。
いわゆるLiveですので、その動きや、間と行った、構成や流れも感じて頂ければ面白さも益すモノかと思います。

狂言で良く使用されるお面で、賢徳(けんとく)と言うものがあります。(※上部、根付けの欄にも記載あります。)
その場、その場で色々な用途に使用されるお面(おもて)になります。滑稽さ愛嬌が兼ね備わった面になります。
そんな魅力も知って、観覧してもらえたら何よりと思います。

以上、伝統工芸、伝統文化についての、知るきっかけに成って頂ければ幸いです。
この様な横浜情報の発信、配信より、皆様の何かのご記憶とその原動力に成って頂ければ幸いです。

もし、新井達矢氏の面(おもて、おめん)をお買い求めされたい方、
いらっしゃいましたら、是非、私までお声かけて頂ければ何よりです。

Pharos





スポンサーサイト
  1. 2012/10/14(日) 23:10:02|
  2. Pharos 有形無形の”モノ作り”と”お知らせ”
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

港湾ドライブ 第2弾 横浜港シンボルタワー

平成24年10月6日(土曜日)晴れ

第1弾の話に引き続き、港湾ドライブ第2談として、横浜港シンボルタワーの事を記載します。

ここ横浜港シンボルタワーは、横浜本牧のD突堤の先にあります。
併設して、海釣り公園がありますので、海釣りをされる方は、ご存知の事と思います。

横浜港シンボルタワーは、海釣り公園と併設と記載したものの更に奥まったところに位置しております。
入行にあたっては、駐車場ゲートより約200〜300m奥に成りますし、
直線距離がそこそこあるので、思わず、アクセル深めに踏み込んでしまう様な場所ですが、
途中、途中、臨時駐車場で入り口や、人の往来もあるのでご注意ください。

やっぱり突堤ともあって、海原が広がる景観の良いところです。
シンボルタワーの周りは、芝の緑地や木々、ベンチも売店もあります。
タワーは、小高い丘の上にあるので、その小高い周辺にあるベンチからの眺めは、最高に良いです。

タワーがある小高い丘の上からの眺めは、北側には、海を挟んで川崎港湾の製鉄所が見え、西側は、海原にタンカーや貨物船が航行しています。

南側は、根岸や磯子方面の港湾、コンテナヤードが見えます。
東側は、コンテナバースを挟んで、みなとみらい地区が見えます。ランドマークタワーもマリンタワーも
クレーンに遮られはするものの小さく見えました。

シンボルタワーの頂上からの眺めは、遮るものが無いのでもっと良く見えます。
今日は、ちょっと暖かかったので、
タワーの中は、ガラス窓が有るのもの閉め切っていたので少々暑く感じました。
夏場は、どうなんだろう? 窓開けて風通し良くしてあるなら良いけど閉め切っていたら、かなりヤバい!

ちなみに冬場の営業時間は、短いようです。15時だったかな?
真冬は、反対に海風吹いて寒いくらいだろうね…。

そうそう、第1弾にも記載しましたが、
ここ横浜港シンボルタワーの周辺は、ちょっとした芝公園があって、
皆、思い思いに過ごされておりました。
少々の木々がありますが、広い芝緑地がありますので、この時期の日差しも気温も柔らかな季節、
ハンモックでうたた寝したらとても気持ちの良い場所かと思います。

飲食は、充実した環境ではないので、ちょっとした軽食持参し、
木陰の芝緑地で、ハンモックに揺られながら、
のんびりするのも良いな〜! なんて、勝手な妄想抱いてました…。
さすがに、一人で器材を持参して、一人でこんな風なことしていたら、変だよね〜…。
誰か、素敵な貴女がいらっしゃったら、腕を奮っての演出するんだけどな〜!! 残念。

今日、ここに到着したのは、丁度、2時頃。
ぐるっと一回りして、辺りがどんな感じなのか散策しました。
芝公園の緑地、小高い丘からの見晴らし、タワー等の周辺からの景観、
タワー最上階からの見晴らし、…。
今日は、朗らかな陽気でしたので、散策、散歩、…その後のタワーのベンチでのうたた寝!
いい気持ちでしたよ。
一人だから良い点、一人だと悪い点、色々考え、あ〜でも無い、こ〜でも無い…。

やっぱり、誰か連れの貴女がいた方が、良いね! 楽しさも分ち合えそうだし。
一人では、分かち合いもできないので、(ふ〜!ま、とりあえず)Facebookに情報、状況アップ。
ご覧頂いた方もいらっしゃったかと思います。コメント入れて頂いた方もいらっしゃいました。

お暇がありましたら、ここ横浜港シンボルタワーでの過ごし方も、あり!かと思います。
是非、何かのきっかけに成って頂ければ幸いです。


写真リンク先:http://pharosyokohama.blog.fc2.com/imgs/20120905DUeeredG/

追記1
横浜港湾地区に、巨大キリンの群生をみました。※アップした写真参照※
IMG_0071.jpg

追記2
横浜マリンワター
車で、この周辺を走る事も、しばしば。
車輛でここを通る時だけ見る事ができるこの場所、このアングル。良いんですよね〜!!
そして、昼の顔、夜の顔を持つ横浜マリンタワー。 夕暮れ時の風景を切り取りました。
ライトアップされた風景も良いんですよ。
CIMG2735.jpg





  1. 2012/10/07(日) 01:07:43|
  2. Pharos 散歩 & 旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

港湾ドライブ 第1弾 根岸コンビナート

平成24年10月6日(土曜日)晴れ

週末の土曜日。
本業のお仕事は、お休み〜。

副業の出店は、…?
なんだかんだと身の周りの事(炊事、洗濯、掃除…)やら、身支度やらで、
ああ〜せっかくの晴れの日、出店可能なお天気だし、なのに出店受付時間に間に合いそうも無い…!
気分も少々乗らない(あ〜ゆっくりしたいな〜)!

そんなこんなを自分に言い訳して、今週は(も)、出店お休み! にさせて頂きました。

その余った時間で何をしようか…?
休日をのんびり、満喫するべく充実した日を求め、久しぶりにドライブに出かけました。

いや〜久しぶりに愛車でドライブ! しかし、当ても無くどこへ行こうか?

少々前までの夏真っ盛りの日々は、さすがに、車にも自分にも、”暑さ” ”熱さ” がきついので、
愛車と上記に記載したものの、あまりお出かけしてませんでした。

何故かとは?…
後ほど写真を掲載しようかと思いますが、車が、”それなり”の車なのです!
愛車とは、50年前のクラシック?カーを所有しております。
既にご存知の方も、いらっしゃるかと思いますが、自分は、ちょっと変わった車を所有しておりまして、
カルマン・ギアと言う車です。 一応、フルレストアした自作車です!!

カルマン・ギアとは?簡単に。
ドイツ車のフォルクスワーゲンが作った車。
ビートルが有名ですが、これをカルマンと言うコーチビルダーとギアと言うデザイナーが作った車です。
エンジンは、車輛の後ろにあって、
空冷(強制的に空気を当てて、空気でエンジンを冷やす事?)の
フラット4:1600ccエンジン(水平対応のエンジン)が付いてます。

自車は、1960年製の車ですが、中身はある程度、近年に近づけた?モノと成ってます。
とは、言っても、50年前の車輛。
後付けでクーラーもありますが、エンジンにも負担がかかるし、あんまり効きが良くない。
とまあ、古い車なので夏に車を運転するのは、
車にも人にも、暑さ・熱さが大変なもので、あまり乗ってませんでした。

と、言う事で久々のドライブ。
ガソリンタンクの中身を目視により確認(メーターはありません!)し、ガソリンの残量は? 
ふむふむ。 自分の財布の中身と一緒で、あんまり入ってないや…。

仕方ないから、Facebookや自分のブログネタにも成るように、ネタ探しを。
近隣でありながらも、車でないと行け場所!あるいは、横浜レア情報!とのを考えを持ってお出かけしました。

住まいの駐車場から発進し、根岸のコンビナートへ…。

港湾地区は、平日なら多分、多くの大型運搬車輛、コンテナ運搬車輛が、行き交う場所で、
関係車輛しか入らない様な場所。
やっぱり、今日は土曜日。
大型車輛も関係者料も少なく、ぷらりと乗り込んだものの、大丈夫そう!

近隣でありながらも、自分にとって、非日常な景色、風景、情景を切り取ってきました。
何だか、社会科見学な感じでした。
貨物物流、コンビナート、石油製油所、穀物倉庫…。
最近、幾何学的な工場の配管や、コンビナート萌えがあるようですが、その筋の方には受けるかな!?
煙突より余剰のガスを燃焼するような場所があったりと…。

根岸のコンビナートは、大型コンテナのバースや、積載用の大型クレーン、
貨物輸送の貨物船! なかなか、非日常の楽しいひと時でした。

根岸のコンビナートから本牧へ移動。
コンクリート原料貯蔵庫あり、コンテナ輸送車輛のシャーシ保管場があったりと…。
シャーシ保管上は、まるで、身の丈位の竹垣を竹垣にかけた様な状態で保管。
あんな大きな重量物が、あんなに何本も重ねておいてあるなんて、
どうやっておいたんだろう…って思います。
ここで、早口言葉を言うかと…。

「竹垣に…誰かけた!?…みなこけた!」みたいな…。

その先には、横浜港シンボルタワーがあります。
今ぐらいの涼しい季節は、海風も穏やかで、見晴らしも良いし、おすすめです。
公園も広く、芝が蒼々してました。

自作ハンモック&ハンモックスタンドなんか持ち込んで、
公園の芝生で、軽い軽食食べながら、樹の木陰で、ハンモックに揺られ…なんて良いんじゃないかと!
一人じゃちょっと、やるにも変だし、一緒に誰かいてくれたらな…。

ちなみに、車輛での入場は、駐車場代2時間未満までで、250円です。
季節的な、開場時間がありますので、もし、このブログ見て訪問される方いらっしゃれば、ご注意ください。
この話は、第2弾にしたいと思います。

ちなみに、10月28日(日曜日)ここで、ブラジル祭りあるんですって!!
しかも、入場無料! フリマに出店しようかな!(Pharos)

と言う事で、第1談は、根岸コンビナート写真です。

では、また!良い週末をお過ごしくださいませ!

ちなみに、私事ですが、ずいぶんと長い事助手席空いております…。

写真リンク先:
http://pharosyokohama.blog.fc2.com/imgs/20121006y52fR0hE/


根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート

根岸コンビナート







  1. 2012/10/06(土) 21:22:20|
  2. Pharos 散歩 & 旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。