Pharos <横浜より! 有形無形なモノ作り と おもしろ情報などを発信>

横浜を拠点に活動。有形無形なモノ作り、情報を発信しております。

オーダーメイド鞄の作成

今回は、Pharosの活動記録として、
昨年、2112年12月頃に受注したオーダーメイドの鞄について掲載したいと思います。
作品と言いたい所ですが、正しくは、商品でしょうかね…。

普段、オーダーメイドなんて受けない所なのですが、
今回、この注文を受けたのは、日頃お世話になっている友人からの依頼でしたので、
オーダーメイド鞄を作成いたしました。
具体的には、この「Pharos」のロゴやマーク、Webなど、
広告媒体一式を作成してくれたデザイナーであり、友人からのオーダーメイド鞄です。


今回、掲載にあたっての写真は、出店場所でこのブログ掲載用写真を撮りました。
当日、依頼主との細かな最終調整の打ち合わせを行う必要性があり、
デザイン、各所パーツの取り付け、ベルトストラップの長さ調整、位置決め等々、
いつもの吉田町での出店前に、作成途中の製品を持って、打ち合わせをし、
その後、撮影しました。

と言う事で、撮影写真が今ひとつであるのは、ご了承くださいませ。


鞄の特徴としては、簡単な概要ですが、この様な感じになります。
素材: 
  ボディー:牛革 撥水防水レザー 焦げ茶色
  パーツ :牛革 ヌメ革  薄茶色
  金属パーツ:真鍮の美かん 等
形状、荷姿:
  2ストラップ × 2カ所のつり掛け=4ウェイ鞄
  鞄サイズ:開口部広げた状態で、45cm×45cm×10cm 

ボディーの革は、牛革ですが、撥水防水性で、とても珍しい革になります。
シープスキンの様にとても柔らかく、かといって、厚みもあり、しっかり丈夫な素材です。

各所のパーツは、ヌメ革(薄茶色)の牛革を使用しております。
各所、要所のパーツは、ボディー素材の柔らかさと、ベルト、ストラップの使用の力の掛かりようから、
裏に当てを取り付けを行ってます。
と言う事で、細部までかなり細かくこだわって作ってみました。

金属パーツは、真鍮金具との依頼より、出来る限り真鍮金具を使用し、真鍮でないリベットなどは、
なるべく色目を合わせたモノを使用しております。
真鍮金具は、経年変化、経年優化すると、良い風合いに変化する事と思います。
もちろん、ヌメ革の経年による色目の変化も素敵になると思います。

IMG_0589.jpg

直接、床面が設置しない様、床面にも、床鋲を5個取り付けしております。
ちょっと変わった形状の真鍮製床鋲です。

IMG_0591.jpg

この鞄の特徴は、4ウェイと記載した様に、
用途によって、ショルダーストラップや、トート的に使用したりとストラップを変えて、
用途が選べる点が特徴です。

IMG_0590.jpg

IMG_0592.jpg

IMG_0593.jpg

IMG_0594.jpg

鞄の背面に、大きなヌメ革をはりつけ、カラダとの接点での擦れや、鞄の形状を損なわないための補強、
革にかかる力を補う上での補強を考え、背面に広くヌメ側のパーツを貼付けております。

IMG_0595.jpg

IMG_0596.jpg

用途によって、荷物が多い場合など、ストラップを長めに使用し、開口部に取り付けた
吊り下げ金具に金具を取り付ければ、大きな鞄として使用出来ます。
ストラプの長さも、2種あるので用途によって使い分け、斜めがけショルダーや、肩がけショルダーもOK!

IMG_0598.jpg

ベルトストラップの部分は、裏の当てを施しをしております。これで、強度が保てる事と思います。

IMG_0597.jpg

ベルト類は、全て両面張り合わせ、コバ(側面)は、すべて、コバ塗料にて、色付けして、
磨いております。
この長さのベルトをカットするのも、部位を使用するのも、張り合わせ、磨いて、コバを塗るのも、
とても、時間、労力もかかりました〜。

IMG_0599.jpg

IMG_0600.jpg

本体のサイズ感は、この状態で確認出来る事と思いますが、かなり大きな鞄です。
ちょっとした上着位は、収納出来ると思います。

IMG_0601.jpg

この写真で、お分かり難いかと思いますが、実は、この鞄、1枚革を使用しております。
ですので、床面に繋ぎ合わせた様な縫い目はありません。
とても贅沢に革を使用しております。
展開すると、このサイズ感ですから、約100cm×45cmの平面積の革で袋状にしております。

IMG_0602.jpg

IMG_0603.jpg

IMG_0605.jpg

鞄の表面は、Pharosの焼き印を入れたプレートを縫い付けしております。
これで、かなり印象が変わり、鞄らしさがグッと上がっていると思います。

IMG_0604.jpg

用途のによって、使い分けれる金具と、ストラップの状態です。(上記写真と同じ感ですが…)

IMG_0606.jpg

背面は、こんな感じになります。

IMG_0607.jpg

これが、原案のスケッチ、絵コンテになります。
依頼主との鞄の雰囲気や、機能美、等々、絵コンテにした方が伝わり易いかと、
簡単なスケッチ?を書いて、説明用に使用した、いわゆる設計図です。
ここから、鞄作りの各所裁断、作成が、スタートしました。
多少、使い勝手、等々により変更個所有りますが…、概ね同じデザインになったと思います。

本来、あまりお見せ出来ない、お見せしたくないものですが…。今回は、特別に掲載します。
ちょっと照れくさいですが…。

IMG_0620.jpg

いつもの出店先でお世話になっている「南蛮屋」の友達に、ちょっとモデルになって頂き、
鞄を持っている状態を撮影しました。
撮影に当たり、鞄の中に新聞紙のアンコを入れて撮影したのですが、 
持っている感じは、こんな感じにザックリとした風合いで、
使い勝手の良さげな、モノが入りそうな感じに見えるんですね。

と言う事で、微調整した内容も修理、修復、修繕し、今は、完成しました!

いや〜長くかかってしまいすみません!この場を借りて、依頼主にお詫びを!
と、いっても、総手縫い、手作り、本体1枚革使用、ストラップ張り合わせ、
ヌメ革は、全て同一の牛ヌメ革より裁断(パーツ、ストラップ、ベルト…)
真鍮金具、…と、仕事量、こだわり、等々は、かなり有りましたので、ご理解いただければと思います。


手間ひまかかったけれど、完成間近、完成になると、なんだか達成感が出ますね!
もう直き、納品にされる事と思います。 少々お待ちくださいね。

以上、オーダーメイド鞄でした。

また、次なる製作に向けて頑張りたいと思います。
今後ともごひいきに願います。

Pharos 店主
スポンサーサイト
  1. 2013/08/14(水) 12:10:03|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Brasil Culture Festival 2013 横浜 / ブラジルカルチャーフェスティバル 2013 横浜 | ホーム | 「ペルセウス座流星群」について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pharosyokohama.blog.fc2.com/tb.php/29-796da269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)