Pharos <横浜より! 有形無形なモノ作り と おもしろ情報などを発信>

横浜を拠点に活動。有形無形なモノ作り、情報を発信しております。

リメイク 革パンツから肩がけ革鞄の作成

こんにちは。
猛暑の日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

先日の土曜日からの大型連休で9日間連休でお休みになれる方、
8/14より夏期休暇の方、あるいは、休暇もなくお勤めされている方、
…いろいろな状況がおありかと思います。

過ごし方も色々と思います。(お勤め、お仕事の方は、別ですが…)
お休みの方は、実家への帰郷、海や山へのレジャー…、
あるいは、※”浅草サンバカーニバル”に向け練習や準備に勤しんでいる方、…。

道中の移動もある事と思いますが、事故、怪我の無い様にお気をつけ下さいませ。

また、この様なうだる様な暑さですと、熱中症、あるいは、クーラー病で冷え症、等、
お体の健康管理にも、十二分にお体お気をつけ下さいませ。

どうぞご自愛ください。
*****************

さて、本題。
先般のブログに掲載した「オーダーメイド鞄」に引き続き、
Pharosの活動記録として、”こんなお話なんですが…”となりますが、
「リメイク… 革パンツから肩がけ革鞄を作成」について、記載をしたいと思います。

本件、このオーダーを受けたのも、カレコレ4年?以上前、
まだ、この「Pharos」のブランド名も確立する前の事です。
趣味が効じて、革小物入れを作っていた、未だ未だ、未熟で、モノ作りも前進の時期でした。

そんな中、自分が作成した幾つかの革小物を使用してくれているバーテンダーであり、
友人でる者からの依頼から、「革パンツをリメークして鞄を作ってくれないか?」との
一言から、本題が始まった事と思います。

作成した鞄は、「肩がけ鞄:バナナバッグ」を作成しました。

*****************
少々余談ですが、
本件の依頼と、その時の物作りに奮闘があったからこそ、
オーダーメイド鞄作りに取り組んだ事もあったろうし、
難問、珍問、問題、課題に頭悩ませ、失敗…やり直し…、こうかな?ああかな?と試行錯誤した、
経験、経験値があったからこそ、モノ作りが出来た事かと思います。

その時の「まいったな〜…」、「まあ〜少々無茶ぶりじゃないかな〜」と思いながらも、
請け負い、作成に挑んだ事を覚えてます。

いろいろ思っていながらも、いざ取り組んで、完成し、納品。

そして、その後経年をして、修理に戻って来た作品を見ると、嬉しさも、喜びも沸いてくるもんですね〜。
嬉しい事に使用して、かなり痛んでる=良く使用してくれているんだな〜 と実感。

やっぱり、鞄。
つまり、モノを入れて運ぶ道具、でしょうから、使用して何ぼ…と思います。
その中でも、丁寧に使用し経年優化な状況であれば、一入に嬉しいですね。

やっぱり、使用すれば、痛みます。
でも、そこに当事者との時間を刻み、鞄に愛着が沸き、
生活の一部となり、良きサポータとなって貰えれば何よりです。

高い鞄を購入して下さった方もいらっしゃいましたが、使用するスチュエーションもある事と思います。
ですが、多くの時間を共に刻んで頂ければ幸いです。
素敵な鞄ですね!って言ってもらえるよう、出来る限り良いモノ作りをしておりますし、
是非、ご使用頂き、ともに経年して頂ければ幸いです。
また、共に外出して、多くの方にこの様な鞄が有る事を知って頂ければ幸いです。

…すみません。私事でしたね。(…脱線)
*****************

さて、本題
その友人は、当初、某ブランドでこの革パンツを8万円購入した様です。

経緯は、
某デザイナーズブランドにありがちな、適当なアドバイスをする店員、そして、お客である友人。
友人は、革パンツを試着し、少々小さい、タイトな、サイズ感が合ってなかった感じ…。
適当なアドバイスをする店員は、「大丈夫です、革は伸びますから?…。」とのアドバイス。
友人は、品、色目も気に入っていた事でなのか、このアドバイスに乗り、この革パンツを購入したようです。

友人は、8万円を支払い購入。しかし、履いて2回目、ヒップの革が破けたそうです。残念!

8万円で購入したもあって、履けない、もったいない、捨てる事無く、大事に持っていたもの…
何とか、生まれ変わって、日の目にみれる様に…と、縁あって作成に至りました。

*****************

今回、この革パンツを手に取って思ったのは、とても柔らかく、色目も素敵でした。

しかし、革パンツとして見ると、少々薄く、丈夫さに欠けた様な感じに思えました。
また、革ですので、その革の善し悪しもありますし、モノによって条件も変わる事と思います。
ですので、購入には、ご注意を。


今回、リメークは、手に取って思た事は、なんとか、余す事無く最大限に革を使用して、
鞄を作ろうとの考えから、結果的に、バナナバッグを作成しました。

記述での説明、表現になりますが、
● 腰回りのベルトストラップは、方がけのストラップへ使用
● モモから裾に欠けての部分は、鞄のボディー部分に使用
  モモの部分は、鞄の下部、裾の部分が、上部。
※後付けで、絵コンテ写真を掲載しました。説明し難いので。
たぶん、こんな感じで、一旦、縫いをほどき、再度、縫い合わせて、形状に合わせ、裁断したと思います。

IMG_0636.jpg


作品の作成途中の段階では、写真撮影していませんでしたので、
先般、修理修繕で預かり、持ち主にお返しする際、改めて撮影させて頂いた写真を掲載します。
だいぶ劣化し、使用頻度半端無い加減がお分かりになる事と思います。
IMG_0608.jpg
荷姿、形状、大きさは、ある程度写真より判断出来るものかと思いますが、
大きめな鞄です。

IMG_0610.jpg
表側、裏側(外向き、内側の背に背負おう側を撮影)
IMG_0612.jpg
開口部は、ファスナーを取り付け、内側になりよう、また、衣服との擦れが無いよう、
上に被せを用いております。
IMG_0609.jpg
ベルトストラップの所は、加重がかかるだろうとリベットを撃って、補強をする。

IMG_0611.jpg
裏側(内側の背に背負おう側)は、背との摩擦の為、かなり劣化。
以前、修理を依頼された際、内側に同じ柔らかい革を張りつけ補強。
しかし、表面の革自体の劣化、摩耗は避けれない。 補強、補修を持って補いのが精一杯。
今回、リベットの付け根のところが、破れ、補強を行うが、裏に同じ柔らかい革を張っての補強。
針と糸で縫い合わせ補強と思ったが、その縫い目から痛んできそうだったので、今回は、ここまで。
IMG_0613.jpg

IMG_0616.jpg
内側は、外側の革に加重がかからないよう内袋に、豚のスウェードを用いる。浮き袋の様な状態。
外側は、革パンツのレザー、内側の荷物受けは、内袋となる豚のスウェードが荷物を支える様になっている。

IMG_0617.jpg

IMG_0615.jpg
このストラップ部分は、革パンツの腰にベルトストラップの部分。
長さを最大限に活かし、肩がけに使用。
IMG_0614.jpg
肩がけストラップの金具は、あれこれ探した結果、ユザワヤに売っていた。
これだけの幅に使用する金具は、なかなか探すのに苦労した…。一時は、自作を作ろうかと。
結果、売っていた金具を使用。色目も、形もOK!

IMG_0619.jpg

IMG_0618.jpg
浮き袋状態の内袋、同系色のブラウン スウェードを使用。

IMG_0622.jpg
持ち主に返却した際、撮影。鞄の中には、新聞紙を丸めて入れてアンコ代わり。
ふっくら中にモノが入っている状態を演出し撮影。
IMG_0623.jpg
角度を変えて、撮影。
全体像は、こんな感じ。かなり大振りなバナナ鞄。
出来た当初、自分でも欲しいと思う位、良い出来栄えでしたので、
お渡しするのが惜しい気持ちに成ったのを覚えてます。

とても便利そうだし、持ち主からも、とても便利で使い易いとの返答を頂いております。
自転車を乗る持ち主は、自転車での使用でも、重宝しているとの事です。

これからの時期、秋冬、春先までは、良さげですね。
また、大事に、がっちり使用くださいね。 
と、言う事で、補修も完了し、持ち主に無事に返却いたしました。
いってらっしゃい〜!

*****************

追記
今年もこの時期が来ますね!
8月31日 浅草サンバカーニバル 時間:午後1時(13時〜)開始、1時30分開演??
   ※詳細は、各人でお調べ願います。
と言う事で、友人、知人も多く参加する事も有り、イベント情報も記載させて頂きました。
皆様、奮って観戦、参戦?して楽しんでくださいませ!

ご存知でない方も多い事と思いますが、夏の祭典。浅草サンバカーニバル
未だの方がいらっしゃいましたら、暑さ対策をしっかりして頂き、観戦してみては如何でしょうか?
面白いし、素敵ですよ。

出来ましたら、この情報も開催前に詳しく掲載したい所ですが…。

浅草は、革鞄との関連も非常に有る所でして、お時間有りましたら、
浅草の革屋さん、道具屋さん等も紹介出来ればと思います。

とても素敵なWebサイトを作成したようですね!!

参考まで ひうち屋 http://www.hiuchiya.com/nuu_top.html

ではまた!
Pharos 店主
スポンサーサイト
  1. 2013/08/18(日) 18:53:51|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レストア&車輛再生奮闘記「プロローグ 」 | ホーム | Brasil Culture Festival 2013 横浜 / ブラジルカルチャーフェスティバル 2013 横浜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pharosyokohama.blog.fc2.com/tb.php/30-c1fdb85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)