Pharos <横浜より! 有形無形なモノ作り と おもしろ情報などを発信>

横浜を拠点に活動。有形無形なモノ作り、情報を発信しております。

横浜ブラフ18番館での展覧会/花と技のハーモニー展予告ギャラリーについて

先般、毎年春先の恒例行事となります2015年4月18日(土曜日)、19日(日曜日)の2日間、
開催時間は11:30~17:30 に開催となりました「ヨコハマ大道芸」は、如何でしたでしょうか?

吉田町通りにも、大道芸人の色々なパフォーマーが様々な演技を演じておりましたが、
ご覧になりましたでしょうか?
他にも、横浜を代表するサンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ サウーヂ」の
サンバパフォーマンスは、如何でしたでしょか?
華やかの衣装のダンサーやバテリアと言った打楽器集団の演奏は如何でしたでしょうか?

8月の浅草サンバカーニバルに向けての意気込みが感じられた事と思います。
優勝目指して頑張って下さい!

一方、アート部門の出店状況は、多くのモノ作りアーティとの方々が出店されましたが、
4月18日の土曜日は、春一番と言わんばかりに強風が吹き荒れており、
アート部門での出店者には、とても大変な一日になりました。
設営した途端に出展作品が風で飛散してしまい、出店に一苦労な一日でした。

もう一方、4月19日日曜日は、天候も今ひとつ良くなく、
途中で雨が振ってきて、折角出店に展示販売する作品が、雨でぬれたりと大変な一日でした。
寒さも少々戻ってしまい、肌寒い一日となりました。
例年になくこの様な不安定な気候でしたが、今回の出店も無事に終了する事が出来ました。

折角の良き作品が展示販売された展示会でしたが、天候が今ひとつで残念です。
来年は、是非天候にも恵まれます様に、お客様の来場、来店が沢山あります様にと切に願います。
是非、ご来場、ご来店頂ければと思います。

と言う事で、「ヨコハマ大道芸」in 吉田町 この春先の恒例行事を楽しんだとあれば何よりです。
また来年もこの時期に催される事と思いますので、
今年の催事にお越しになれなかった方、あるいは、この開催後に知った方、
来年のこの時期は、是非、お忘れなく、お見逃し無く、お越し頂ければと思います。

そして、先日の2015年5月3日(日)5月4日(月)(アート部門)の
「吉田町アート&ジャズフェスティバル」は、ご来場されましたでしょうか?
誠に申し訳ありませんが、Pharosの出店は、今回は欠場させて頂きました。
展示会場までお超しになり、出店しているかな?とご足労頂いた方いらっしゃいましたら、
この場をかりてお詫び申し上げます。
次回は、頑張りたいと思います!

今回、この「吉田町アート&ジャズフェスティバル」の飲食店のブースとして出店されていた
ヨコハマ アメリアさん、
いつもながら子供たちに夢を与えるアートパフォーマンスをされてましたね!素敵です!
この催事での頑張りはいつも拝見しており、心ながら応援しております。

ギターリストの吉野悟さんも、本イベントのストリートライブに参加されていらっしゃったとの事で、
良き演奏が、多くの観客を楽しませた事と思います。今後の活躍を応援しております。




さて、今回は、
横浜ブラフ18番館での展覧会/花と技のハーモニー展予告ギャラリーについて、
ご報告させて頂ければと思います。

詳細は、以下参照願います。
花と技のハーモニー展(ブラフ18番館)予告ギャラリー

ブラフ18番館展覧会「花と技のハーモニー展」

以下、抜粋ですが、掲載致します。
*******
5月14日~17日「花と技(ワザ)・母の日と父の日の贈り物」をテーマに
横浜山手の西洋館「ブラフ18番館」にて展覧会を開催。
異ジャンルセレクトアトリエ約30名の100作品を展示。
新装オープンとなるブラフ18番館で“メイドインアトリエ”花と技のハーモニー。

工房暖簾Gallery(コウボウノレン ギャラリー)は、
今年で7回目をむかえる工房暖簾セレクションを5/14(木)~17(日)に
ブラフ18番館にて開催いたします。
近年、各地で盛んに開催されている「クラフトフェア」とは一線を画す、
2015年度上半期のアトリエセレクション。
「花と技」をメインテーマ、「母の日と父の日の贈り物」を
サブテーマにした異ジャンルアトリエによるテーマ統一型展覧会。

日本画・珈琲画・アクリル画・切り絵、福ふくぞうり・型染め・陶芸
・ガラス細工・ニット、天然みつろうキャンドル・手彫りジュエリー・革バッグなどを、
新装OPENされたブラフ18番館の美しい空間でゆったりとお楽しみいただきます。

■わたしの好きなアトリエブランドVol.7
『花と技のハーモニー展』 ~ 母の日・父の日の贈り物 ~
会期:2015年5月14日(木)~17日(日) 
時間:10時~16時半 ※14日は14時半OPEN 17日は16時CLOSE
場所:ブラフ18番館 (横浜市中区山手町16番地)
・JR根岸線「石川町駅」元町口より徒歩約5分
・バス/桜木町駅より11系統「イタリア山庭園前」下車2分
主催:NPO法人工房暖簾/工房暖簾Gallery
入場無料
*******

ブラフ18番館 

住所  〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町16(山手イタリア山庭園内)
電話番号  045-662-6318
FAX番号  045-662-6318
ホームページ  http://www2.yamate-seiyoukan.org/
開館/閉館時間  9:30~17:00 ※7・8月は18:00まで
休館日  第2水曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)
アクセス
・JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩5分
・JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「イタリア山庭園前」下車徒歩2分
・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より神奈中バス11系統「イタリア山庭園前」下車徒歩2分

*******

本件の展示会では、
Pharosの作品であります革鞄、革小物、ハンモック&ハンモックスタンドも展示販売させて頂きます。
     IMG_0117.jpg
異ジャンルセレクトアトリエ約30名の100作品を展示となりますので、
是非とも足をお運び頂き、ご覧頂ければと思います。

また、作り手の心のこもった唯一無二の作品が多くありますので、
何かお気に召す作品がありましたら、是非ともお買い求め頂ければ幸いです。

皆様にとっても良きで会いになれば幸いです。
皆様のご来場、ご来店を心よりお待ちしております。

Pharos 店主
  1. 2015/05/09(土) 00:02:52|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ヨコハマ大道芸2015」と「吉田町アート市」について

昨年にも、このタイトルでお知らせした事と思いますが、早いものでもう一年が経つのですね〜。
と言う事で、「ヨコハマ大道芸2015」と「吉田町アート市」について情報発信をしたいと思います。

このイベント「ヨコハマ大道芸2015」の開催と同じくして 、
Pharos の出店販売を行っている「吉田町アート市」の催事を行う予定でおります。

大道芸もございますが、アート市としてPharos の出店も行っておりますので、
是非、足を運んで頂ければと思います。
今年もまた昨年同様にハンモック&ハンモックスタンドの展示販売をしたいと思います。
この催事以外に展示出来る機会が無く、是非ともお寄り頂ければと思います。

     IMG_0917.jpg


******
毎年春先の恒例行事となりました、「ヨコハマ大道芸」が開催されます。
※詳細は、以下参照

ヨコハマ大道芸2015
http://daidogei.jp/
開催日:2015年4月18日(土曜日)、19日(日曜日)
開催時間 11:30~17:30  (一部エリアによって終了時間が違います)
開催場所は、以下の場所で行われる様です。
  みなとみらい21
  石川商店街アイキャナルストリート
  イセザキ・モール 1・2 St.
  吉田町通り
各所、色々なパフォーマーが様々な演技を演じております。
「目の前で繰り広げられる、緊迫した迫力ある芸を体感できるのは大道芸ならでは。
横浜にお越しの際は、是非一度ヨコハマ大道芸にお立ちよりください。」との事で、
必見必聴、体験、感動を体感していて頂ければと思います。

また、会場となります吉田町のイベントでは、
エスコーラ・ヂ・サンバ サウーヂ」(サンバ)のパフォーマンスも予定しております。
スケジュール
   11:30~パレード
   12:15~パコーヂステージ一回目
   13:45~パコーヂステージ二回目
熱きブラジル、熱きサンバのグルーヴを体感しては如何でしょうか?
また、8月の浅草サンバ祭に向けての意気込みも感じられるのではないでしょうか??

******

今回、Pharosとしての出店は、18日(土曜日)は、出店予定ですが、
19日(日曜日)の出店は、未定となります。
所用の為、欠場、もしくは、少々早めの時間帯で引き上げてしかも知れませんがご了承願います。

皆様のご来店、ご来場心よりお待ちしております。

追記
次回、Pharosの作品について、ネット通販(委託販売)の開始!
そして横浜グラフ18番館での展覧会のお知らせをさせて頂きます。
乞うご期待!!


Pharos 店主
  1. 2015/03/23(月) 00:27:13|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酉の市の熊手 と Pharos 新作「コースター、携帯ケース」について

皆様、大変ご無沙汰しておりましたが如何お過ごしでしたでしょうか。
今年も、残すところ、あと1ヶ月ですね。

ブログの更新も大変ご無沙汰しており、大変失礼しました。
もし、気になって何度も訪れて頂いた方、あるいは、この1ヶ月半訪問してはみたものの、
更新がないな…と思われた方、大変失礼しました。

11月も、今日は30日。残すところ今年も1ヶ月のことでしたので、
何とか今月中、今日中に更新しなければ…と、只今奮闘して、記載しております。
そんなこんなで、ブログ更新したいと思います。
お付き合い願います。


さて、色々お伝えしたいことありますが、先ずは、こんな書き出しより。

今年も熊手を購入させて頂きました。
つい先日、横浜の横浜橋付近にあります金比羅鷲神社に熊手を買いに行き、
ブログにその内容を記載したと思ったら、もうあれから1年が経ってしまいました。
この催しを境に考えますと、
お陰様で精魂込めて作成した革細工の幾つかが、人の手に渡り、良きパートナーとして活躍していることと思います。
そして、売上の資金より、今年も縁起を担いで熊手の購入の運びとなりました。

この様に購入出来るのも、作品が売れた=昨年この酉の市で熊手を購入したこと
のご利益が大きくあった年ではなかろうかと思います。
ありがたいことです。


そして、先日11月22日の酉の市、二の酉で熊手を購入させて頂きました。

今年の酉の市、二の酉は、とても人が多く、鷲神社のお参りも時間を要しましたし、
参拝後に、左右露店で賑わう人の列に並び、ゆっくりながら表通りに到達するまでに、
また、主たる熊手を買うまでに時間と労力を要しました。

通常、三の酉がある年は、火事が多いと言う様な言われがある様ですが、今年は、二の酉まででした。

今年も、この酉の市では、大小さまざまな熊手が煌びやかに掲げられてましが、
一体幾らするんだろう…と思いくらいの熊手を掲げ、
購入された店先では、縁起を担いで一本締めがあちらこちらから聞こえてきました。
とても賑やかな情景でした。

機会がありましたら、是非、横浜の横浜橋商店街にあります金比羅鷲神社に訪れて頂ければと思います。
また、この風物詩がある、来年の酉の市の際に訪れてみては如何でしょうか?

熊手の購入は、毎年少しずつでも金額を上げて購入することが基本の様ですが、
今回は、諸事情があり出費した金額は昨年以上に奮発した物の少々小振りな熊手と成りました。
ともかく、今年も是非とも縁起を担いで、家内安全、商売繁盛に成ります様にと願うばかりです。

このサイトに訪れて頂いた方にも、家内安全、商売繁盛に成ります様、お祈り申し上げます。
     IMG_1114.jpg
ちなみに、今年は、横浜山口で購入させて頂きました。今後ともご贔屓に。

さて、少々、諸事情とやらをご説明したいと思い以下書き記しますが、
少々お付き合い頂ければと思います…。

ここ横浜で商売させて頂き、また、この土地、地域に密着しておることより、
今年も、金比羅鷲神社で熊手を購入させて頂きました。
今年は、二の酉までと言うことで、一の酉は、11月10日、
そして、二の酉は、11月22日の土曜日に行われました。

そして、ここ横浜の伊勢佐木町、吉田町をホームベースとして商売させてい頂き、
また、交友の場を広げる事が出来たのも、この横浜の飲食、物販店の場があった事だからと思います。
そんなこんなで、今回は、自分への熊手と、
自分の馴染みにしておる飲食店への熊手を家内安全、商売繁盛のお裾分けとして、
幾つか購入し贈り物とさせて頂きました。
豪勢な物は購入でしませんので、小振りな熊手、手のひらに乗る様な大きさの…と言っても、
それ相応の値段がしました。まあ、縁起物でっすからね。

自営業で日頃より奮闘努力されている良きお店です。
機会がありましたらこのブログでお店情報を取り上げたいと思います。
横浜関内のバハカオン、野毛・日ノ出町のサンキュー、元町のen、…。
他にも、お世話になっておりますお店は沢山ありますが、この場よりささやかながらの応援をしたいと思います。
今後、時間をみてご紹介させて頂ければと思います。 こちらもご贔屓に願います。


と、言う事で今年も熊手を購入し、昨年以上の今年を目指し、
この熊手を励みに、家内安全、商売繁盛に繋げて行きたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。




次に、今回は幾つかの作品と今回購入した革について、記載したいと思います。
・コースター 110×110
・携帯ケース 100×160×38

・オイルヌメ 赤茶(栃木レザー)
・オイルヌメ 黒 (栃木レザー)
・オイルヌメ 赤


新作のコースター、携帯ケース、いずれの品目も、今回オーダーメイドで作成しております。

コースターは、注文の依頼主を革問屋まで同行して頂き、あれやこれやとの詳細をつめた物を形にしてみました。
また、携帯ケースも同様に一度、ペーパークラフトを作成し、細部まで詰めた上で作成しております。
この様な書き記すもの依頼主のこだわりがあっての事であり、こちらもイメージを形にし、
本当に気に入った作品を作成し、提供をしたいと思い、細部までつめて製作に至りました。

コースターは、掲載写真からも確認出来るかと思いますが、
下の革は、座布団がわりに黒のオイルヌメを使用し、革の組成、革の厚さも、確認し漉いております。
上には、同レザーのバックスキンを貼付け、縫い合わせた物になります。
また、色目を変えて赤茶のオイルヌメのバックスキンを張り合わせた物も作成しました。
何れも、依頼主の起案したイメージのセンスの良さが輝いております。
     IMG_1117.jpg
     IMG_1119.jpg
     IMG_1118.jpg

こちらは、この依頼主のセンス、デザインの良さに自分も気に入ったので、
新アイテムとして、下の色目、上の色目も少し変えながら、自己商品として幾つか販売したいと思います。
もし、お求めご希望の方がいらっしゃったらお声がけして頂ければと思います。
作成枚数も極少量ですが、商品販売としたいと思います。
     IMG_1123.jpg
     IMG_1125.jpg
     IMG_1126.jpg


携帯ケースは、こちらはこんな感じ…と言った本人持ち込みのスケッチを基に、
細部まで、あれやこれやと質疑応答、ディテールを書込み。
後日、ペーパークラフトを作成、
更に、そのサイズ感を確認、詳細をつめて出来たのが、この携帯ケースになります。
作成には、少々裁断、縫い合わせに苦労はあった物の依頼主のイメージを旨く形に出来た事と思います。
     IMG_1102.jpg

     IMG_1103.jpg

     IMG_1105.jpg

今回は、上記2点を特別にオーダーを受けて作成させて頂きました。

コースターは、上記も記載させて頂きました元町のenへ納めます。
本当に良い、元町にひっそりと佇む、知る人ぞ知る隠れ家的なbarです。
ご存知の方もいらっしゃる事と思いますが、この古民家を改装した素敵な空間での営業も12年とのことです。
しかしながら、当該店舗の営業は、年内まで。
少し期間を空けて年明け3月頃からは、別な所での営業となる様です。
個人的には、この空間、ここでの時間は、格別です。
もし、訪れる事の機会がありましたら、ここでのひと時を是非とも体感し、お楽しみに頂ければと思います。

携帯ケースは、出展させて頂いておりますホームグラウンドのアート市、
このイベントを主宰する幹事さんからの依頼でしたので作成させて頂きました。
お気に召すデザイン、風合い、形になったとあれば幸いです。


さて、次に革の事について記載したいと思います。
先般より精魂込めて作成した作品も、お陰様で手元より離れて行き、
その代償として、幾らかの新規材料を購入出来る資金を得る事が出来ました。
ありがたいです。
お陰様で、この様な作品、作風をお気に召して頂き、お買い求め頂き誠にありがとうございます。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

今回は、上記のコースターや携帯ケースと言った新作を作成する上でも、材料が手元に尽きてしまったので、
久しぶりに11月の上旬に浅草の問屋へ行き、新規材料を購入する運びになりました。

購入した革は、
・オイルヌメ 赤茶(栃木レザー)漉き:2.0, 1.4. 3.0
・オイルヌメ 黒 (栃木レザー)漉き:2.3, 1.3. 1.4
・オイルヌメ 赤 漉き:1.8 1.4, 1.2 ※発色も良い、深みのある赤です。
     IMG_1101.jpg

いずれも、革の漉きをあれこれと変えて購入しました。一部は、コースターへ、一部は、携帯ケースへ…。
今後、漉いた床面の材料も有効路用、活用して、作品を作ってゆきたいと思います。
また、あまり購入していなかった黒レザーや新色の赤のレザーも購入しましたので、新しい作品にも挑んで、
あれやこれやと考えて、是非とも皆様のお気に召す革の細工が出来ればと思います。

今後とも、どうぞご贔屓に願います。

今回、随分と長いブログになりましたが、お付き合い頂きありがとうございます。
また皆様の訪問を励みにして、良き作品、作風に取り組んで行きたいと思います。
そして、有形以外でも、横浜の飲食・物販店の情報や、イベント情報、
あるいは、おもしろ情報と言った無形な物事も色々と発信し、
地域密着ですが、地元の活性になれば幸いに思います。

是非、このサイトの情報が、良き観光や横浜への足を運ぶキッカケになって頂ければ幸いです。
限りある時間の事ですが、これからも良き情報を発信し、皆様の楽しいいひとときの架け橋になれば幸いです。


Pharos 店主
  1. 2014/11/30(日) 12:06:55|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pharos 新作「オイルヌメ革鞄(2種) と名刺入れ」について

今回は、Pharos 新作「オイルヌメ革鞄(2種) と名刺入れ」について、情報発信したいと思います。

IMG_1065.jpg

IMG_1015.jpg

このタイトルで記載するのも何だかとても久々ですが、
作品の詳細について記載したいと思いますので、少々お付き合い頂ければと思います。

その前に、先般掲載させて頂きました「「Dani & Debora Gurgel Quartet」」
来日イベントは、如何でしたでしょうか?
 
本サイトの掲載記事にリンクを貼ったYoutubeをCheckされた方もいらっしゃる事と思います。
また、実際にライブ会場に足を運んでライブを鑑賞された方もいらっしゃる事と思います。
如何でしたでしょうか?
そんな自分も、9/28(日)@鎌倉cafe vivement dimancheでのライブを鑑賞させて頂きました。
サンパウロの素敵なそよ風が心に流れる感じのとても素敵なライブでありました。
来年も、きっと来日してくれる事と思います。是非、皆様も鑑賞されては、如何でしょうか?
お勧めで致します。


Dani Gurgel , Debora Gurgel , Thiago Rabello , Sidiel Vieira !!
Era um grande Concerto!!
Eu estou esperando poder se encontrar ano que vem novamente.
Nos encontremos novamente no Japão.



さて本題です。
久々なのは、掲載記事の内容だけでなく、鞄も久しぶりに作成しました。
今回は、スペイン産のオイルヌメ革の革鞄:2種と栃木レザーを使用した名刺ケース:2個を作成しました。

先ずは、このスペイン産のオイルヌメ革で作成した2種の新作鞄について記載したいと思いますが、
その前に、この”スペイン産のオイルヌメ革”について、
購入の経緯、そして、ディテールを記載したいと思います。

先般、と言っても、10ヶ月位前の事になりますが、
革問屋に革材料の買い付けに伺った際、あれこれと品定めをしておりました。
こちらの用途や、質感、色目…と、あれやこれやと店員に説明し、
店員より「この革は如何でしょうか?」と進められたのが、このスペイン産のオイルヌメ革でした。

この革の部位は、両ショルダーと首回り、傷も少なく広範囲で使用出来る革でした。
また、とても品質も良く、革自体の張りや腰、柔らかさ、風合い、色目、質感等々、
とても素敵な革で、とても気に入りました。
で、店員に値段を伺った所…、
「ええ!?、ちょっと良い値段するじゃないですか〜!」と思いながらも、
思い切って衝動買いで買ってみました。

補足ですが、
店員より聞いた所に寄りますと、この革はフランスで生成し、
その後、スペインの鞣し専門店(タンナー)で仕上げた革の様です。
やっぱり、欧州のタンナーは、技術が高い様で、この風合いは、
日本でのタンナーでは出ない、出せない様です…。

本当に良い革です。

先般の掲載記事にも記載した事と思いますが、
購入した当初の革は、その物自体の厚みがあるため、希望の厚さに「漉き」をしてもらいます。
そのバックスキンは、記事番号:42「Pharos新作鞄について」でも写真をアップして掲載をした鞄になります。

バックスキンとは言うものの、バックスキンでさえも、その質感はとても良く、良い風合いの鞄が出来ました。
(今は、お買い求め頂いた方の良き道具として、活用されている事と思います。)


今回は、その革を漉いてもらった後の”表面革”(業界的には、「銀面」と言います。)を使用して、
新作鞄を作成致しました。
上記にも記載がある様に、この革自体を購入してからだいぶ日数が経ってしまいましたが、
とても風合いも良い革でしたので、あれやこれや考え、何作ろうかとデザイン案が浮かばず、
今に至っての事となりました。
結局、幾つかの小物、シガーケース、を作成した後、
良い部位の革の良い所を無駄無く、余す事無く使用しよう!と考え作成したのが、以下の新作鞄になります。

IMG_1033.jpg

革:スペイン産オイルヌメ革、厚さ、1.4mm位
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:茶
贅沢にも1枚革で作成しております。
留め具:Bプラ(真鍮留め具)ギボシ(ネジ式)
上部のフラップは、必要に応じて使用する事が出来る様、内部での取り付け
形状は、扇状のシンプルデザインです。
おおよそのサイズになりますが、
箱の部分の上底:33cm、下底:25cm、幅:10cm
IMG_1048.jpg

IMG_1049.jpg
革の艶、色目、縦縞も、革自体の張り腰もとても良い風合いで、とても素敵な革です。

IMG_1050.jpg
一枚革で作成しているのが、この角度で分かるお思います。

IMG_1051.jpg

IMG_1054.jpg
留め具は、必要に応じて使用が出来る様に内側にストラップを取り付けております。

IMG_1055.jpg

IMG_1056.jpg
ロゴの焼き印の状態です。作品には、必ず印を付けるのですが、何とか良い色目に出来ました。

IMG_1057.jpg
裏側の状況です。ストラップの留め具も、当てを取り付けております。

IMG_1058.jpg

IMG_1062.jpg

IMG_1060.jpg
内側の状況です。ワックスを塗布し、毛羽立ちを押さえております。


IMG_1069.jpg

IMG_1070.jpg
縫い目の糸が擦れ無い様に糸目のラインを削っております。

IMG_1073.jpg
手提げ、手持ちの取り付け状況です。強度もしっかりしている事と思います。
タグも今回は取り付けております。 全てハンドメイドです。

革:スペイン産オイルヌメ革、厚さ、1.4mm位
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:茶
贅沢にも1枚革で作成しております。
留め具:Bプラ(真鍮留め具)ギボシ(ネジ式)
上部のフラップは、必要に応じて使用する事が出来る様、内部での取り付け
形状は、箱形。この広範囲の革を1枚革で切り出して作成しております。
おおよそのサイズになりますが、
箱の部分のサイズですが、外寸 横:33cm、縦:25cm、幅:8cm となります。

IMG_1040.jpg

IMG_1041.jpg

IMG_1043.jpg

IMG_1044.jpg
こちらも、一枚革で作成しております。
革の縦縞模様もとても素敵で、良い風合いとなっております。

IMG_1045.jpg

IMG_1046.jpg

IMG_1071.jpg
こちらも、縫い目のラインを削って、糸目が擦れない様、施しをしております。

IMG_1038.jpg

IMG_1072.jpg

相互とも共通してのポイントは、元の部位が良かった事と、革自体の風合い、質感、張りや腰、
部位故に荷姿からも分かる様に”虎の模様”の様に”縦縞”があります。

これは、牛の首元である事が分かります。
(首回り故に、左右に振るため、加工、鞣した後でも、この様に質感として残ります。
個人差の好みがあると伺ってますが、
私的にはこの縦縞の模様が出る首回りの部位は、良い味があると思います。)

この縦縞と、良い部位をふんだんに表面に出して1枚革で作成し、
シンプルなアナログ、且つ、レトロ感のある鞄を作成してみました。
如何でしょうか?


もう一方は、名刺ケースになります。
IMG_1016.jpg

IMG_1017.jpg
若干ですが、デザインと縦のサイズを変えております。

IMG_1018.jpg
側面を平行に作成してものです。

IMG_1019.jpg
側面を少し斜めにカットしたものです。

IMG_1020.jpg

IMG_1021.jpg

IMG_1022.jpg

IMG_1023.jpg

IMG_1024.jpg

革:栃木レザー、薄茶、厚さ、1.2mm
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:茶

サイズ1:W10.5*D2.3*H7.5の箱型です。側面を斜めにカットしております。
サイズ2:W10.5*D2.3*H7.5の箱型です。側面は手前、奥側と同じ高さでカット。
上部のフラップから表面は、1枚革で作成。表面の左右三角がフラップの留め具になります。

栃木レザー故に、使えば手に馴染み、手の油により風合いが一層ます事と思います。
すでに茶色の染色はあるものの、馴染めば深いオイルドレザーの風合いが出てくる事と重います。

ちなみに、クラフト作成の初期に作成した作品です。
愚作のため販売する事が出来なかった作品ですが、現在、自分用として使用している名刺入れです。
色目、経年変換の比較として参考までに掲載致します。
使用後2年位になりますでしょうか…。ご使用頂ければ、この様になります。
IMG_1028.jpg


IMG_1030.jpg

今後も、新作を色々作成したいと思います。
是非、お気に召すものがありましたら、お買い求め頂ければ幸いに思います。
また、良き道具、良きパートナーとして、共に時を重ねご使用頂ければと思います。

Pharos 店主






  1. 2014/10/05(日) 13:40:57|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pharos「ディスプレイ備品の改良」について

Pharos「ディスプレイ備品の改良」について

皆様、如何お過ごしでしょうか?
6月も終わりになり、もう1日過ぎれば、暦では7月になりますね。
1月を基準とするならば、今年も半年を過ぎた…と言う事で、あっという間に年末に…。
まあ、月日の経過は、この位にして…。

さて、6月も明日で最終日、
梅雨の時期と言っても、晴れたりやんだり、予想不能な天候や、
昨日28日土曜日の長雨。あるいは、局地的なゲリラ豪雨と言う点では、
外出先の足を止めなければならない事もあった事と思います。

今日の神奈川県の天気は?
と言いますか、と或る所にいたのですが、午後は、驚くほど晴天でした!

午前9時頃までは、降雨があり、いざ外出しようとの時刻には、曇り空。
何とも、その様な不安定、予測不能なお天気であったので、
外出の展開も、事あればと対策も考え折りたたみ傘を持参してお出かけするも、
結果としては、使用致しませんでした。
まあ、備えあれば、憂い無しとなるだろうと…。良かったです。

それどころか、結構日焼けした様で顔や腕が赤らんでおります。
さすがに日焼けまでは考えに無かった…。

さて本題。
あ、その前に、この場を借りてお礼まで。
去る6月15日の日曜日 横浜ドルフィーでのイベントは、人数制限有りのイベントでしたが、
多くの方々にお越し頂きありがたく思います。
私事ながら、DJ、セレクターと言う一役を勤めさせて頂き、とても充実した時間になりました。
自己満足的な部分もある事と思いますが、厳選した選曲は、如何でしょたでしょうか?
楽しんで頂けたのなら何よりです。
これを期に是非、MPB、ジャズサンバのジャンルも知って頂けたのなら何よりです。
今後も、あの様な場を設ける事が出来ればと思いますし、
機会がありましたら、是非、演出をさせて頂き楽しい場の提供が出来ればと思います。
どうそ宜しくお願い申し上げます。


さて本題。
最近は、これと言った革鞄は作成しておりませんでしたし、はたまた、ブログも更新も疎かで失礼しました。
6月も残す所1日。
このままでは、6月のブログ記載は、「0」となってしまいそうなので、こんな話題で失礼します。
活動記録としてやっつけながらの様ですが、「ディスプレイ備品の改良」と題して、
ブログを記載したいと思いおます。少々話題性に乏しいですが、お理解、お付き合い頂ければと思います。

いつもながらの出店は、ご存知かと思いますが、横浜の裏通り、
「手作り市」と題した青天井の下で、展示販売しております。
そこでの展示は、写真からも分かる様に限りあるスペースを活用し、展示しております。

IMG_0954.jpg

IMG_0953.jpg

展示、及び、ディスプレイの考え、決め事として、先ずは、催事側で貸し出ししてくれるテーブルの広さ、
縦:約80cm×横:約60cmの限りあるスペースと最大現に活かすべく、
デコレーションする事と考えております。
もちろん、机以外の場所に陳列も不可としております。
(そんなに厳しくも、規則はありませんが、一応ながらとしております。)

その中で、鞄という大きな商材を如何に多く、そして、見える様に配置するか…と考えて、
この様な備品を作成してみました。
また、「見せる」と言う点では、最大限に「Pharos」の風合いをディスプレイに出すかを…。
少々生意気ながらの記載となりますが、「空気感」が伝わってもらえればな〜と展示しております。

自然な風合い、あるいは、心地よさ、ナチュラル感…、旨く具現的な表現を文字で書き表せませんが、
その様な雰囲気を表現出来ればと、知恵や工夫をこらして、模索しながらも、形にしております。
素材は、木箱やコルク材、アースカラーの配色、花の配置など…。

主となる「鞄を陳列」すると言う中でも、
作り手側の気持ちや、世界観が、旨く伝わって頂ければと思います。

特に重要なのが、ともかく最小限の荷物とコンパクトになる事を意識しております。
日常の出店は、何せ電車で移動し、持ち運びしているので、あまりかさ張らない様に、
しかし、陳列は最大現に場所を使用する事を考えて、この様な箱もの陳列棚を改良しております。
手荷物用の台車に一切合切を積んで、家からバス電車を乗り継いでくるので、
あまり大きくも、重くも出来ません。もちろん、コストも出来る限りかけない様に…、
と言う事で、この様な条件の基に陳列を行っております。
もし、良き案がありましたらご教授頂ければと思います。


さて、陳列棚を紹介します。
この棚自体は、某販売店で、2,000円で購入しました。マークイズにも店舗がある様ですが…。
この木材自体、組み立て式の3段式のモノでしたが、半分にカットして、柵の取り付け位置が異なるので、
分解し、同じ高さの所に穴を開けて、元の形と同じ様に取り付けております。
このモノ自体の強度がないので、各所小びょう(釘)を用いて補強、
あるいは、木工ボンドを用いて接着しております。

重要となるポイントなのですが、
簡単に設置して、簡単に片付けが出来る様な、組み立て式にしなければならない事です。
ですので、組み立ても用意で、強度を保てる様、5mmのボルトとナット、蝶ネジ、
蝶番を用いてコンパクト且つ、広げると大きく、組み立てが容易となる様な組み立て式にしております。
IMG_0959.jpg

IMG_0958.jpg

IMG_0957.jpg

IMG_0956.jpg

この様な感じで、限りあるスペースを最大限に生かそうと考えた結果、高さと空間を用いる事
また、持ち運び、組み立ても加味しこの様なディスプレイ備品を作成してみました。
如何でしょうか?

長くなりましたが、
ディスプレイにも、アイデアやセンスがいる事と思い、
常々頭ひねって、一目を引ければ…と考えておりますが、難しいモノですね。
良きアイデア等々ありましたら、是非教えて頂ければと思います。

さて、新作も作らないといけないですね〜。
あ!そうそう、ともかく、先に今あるものをお求め頂ける様考えないといけないですね。
お気に召すものがありましたらお声がけ下さいませ。

どうぞ、ご贔屓に!

Pharos 店主
  1. 2014/06/30(月) 00:04:23|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作「シガレットケース」について

今回は、新作「シガレットケース」について、情報発信したいと思います。

2014年5月3日(土曜日)横浜市中区吉田町で開催予定となります
(雨天中止の場合、翌日5月4日開催予備日となります。)
「吉田町アート&ジャズフェスティバル」の出店に向けて幾つかの新作を作成しました。


久しぶりの手仕事もあり、出来栄えとしては、未だ未だ…と思う所もありますが、
一応ながら形にしていました。如何でしょうか?

作品は、各々異なります。
革の色目、荷姿、形状、使用する縫い糸の色目、金具、等々 同じものはありません。
一応!?、ながら唯一無為、一点ものの作品になります。


各々の作品の仕様は、以下、この様な感じでしょうか…

革:栃木レザー、薄茶、厚さ、1.4mm
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:茶
レギュラー型(W5.5*D2.5*H8.5)のタバコに合ったものです。
留め具:突起型留め具
上部のフラップを縫い合わせ
IMG_0934.jpg


革:栃木レザー、赤茶、厚さ、1.4mm
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:薄茶
100mm型(W5.5*D2.5*H10)のタバコに合ったものです。
留め具:突起型留め具
上部の縫い合わせ無し(一枚革)
IMG_0933.jpg


革:栃木レザー、赤茶、厚さ、1.4mm
縫い糸、麻糸、中細の番手 縫い糸の色目:薄茶
100mm型(W5.5*D2.5*H10)のタバコに合ったものです。
留め具:マグネットフォック
上部のフラップを縫い合わせ
IMG_0935.jpg


※上記3つボックスは、何れも、幅:8.5mm 、厚さ:3.5mmで作成しております。
タバコ本体を入れても、少し余裕が出るサイズと思いますので、
100円ライター、ジッポ位は、収納出来る事と思います。


革:栃木レザー、赤茶、厚さ、1.0mm
縫い糸、麻糸、細の番手 縫い糸の色目:茶
巻タバコの備品を仕切りを付けて保管出来利用にして、
ロールペンンケースの様な巻ヒモで固定するものです。
留め具:巻ヒモ型
仕切りを設け、重ね合わせて縫い合わせ
IMG_0936.jpg

IMG_0938.jpg

※実は、この作品を作成するに当たり、先般、呑みの席でご一緒させて頂き、
カウンターで肩を並べて座っている際、
そのピアニストであるアーティストさんの所有物を見て、インスパイアされ作成したものです。
巻きタバコの小物入れとして作成しましたが、用途は自由な発想でお使い頂ければと思います。



全体写真
上記の4種について、合わせて写真を掲載させてい頂きました。
色目、形状、縫い糸の色目、…上記にも記載しましたが、形状、荷姿、各々個性ある作品、作風となりました。
お使い頂き、手の油が染み込んだら、また一段と経年変化が楽しみとなる作品と思われます。

IMG_0939.jpg

上記にディテールを記載しておりますが、以上4点の作品を作成しました。
5月3日(土曜日)の「吉田町アートアンドジャズフェスティバル」にこの作品も展示販売したいと思います。
当サイトをご覧になり、当日お越し頂ければ、この作品も展示販売している事と思います。
おきに召しましたら、是非、お買い求め頂ければ幸いです。

現状販売、現品販売と言う事になりますので、ご了承願います。

皆様のご来店お待ちしております。

Pharos 店主
  1. 2014/05/02(金) 00:36:07|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「吉田町アート&ジャズフェスティバル」について

今回は、「吉田町アート&ジャズフェスティバル」について情報発信したいと思います。

先日、4月19日、20日と2日間、「吉田町アート市」が開催されましたが、
天候も何とか降雨にならず、無事終了しました。
また、両日とも寒い日となりましたが、多くの方が催事に訪れました。
Pharosのブースにも多くの方がご来店頂き、作品、作風等をお見受けされたと思います。
ご来店ありがとうございました。


さて、本題の情報発信ですが、今回で15回目になるのでしょか?
ここ横浜中区吉田町で、毎年春に開催されております「吉田町アート&ジャズフェスティバル」が、
今年も、開催される事になりました。

何でもこのイベントは、「今年から行われないだろう…」とも囁かれておりましたが、
規模を小さくしながらも、急遽、開催する運びになりました。(ありがたい…)

私的な事ですが、ここでのこのイベントが原点であり、ホームグラウンドでもあるイベントです。
ですので、開催の運びになった事は、非常に嬉しくありますし、
この先も、どうか継続して開催して頂ければと心より願っております。

また、この様な催事は、町会関係者等々、多大なる尽力があっての事と思います。
この様な出店の場を提供頂き感謝です。この場を借りてお礼申し上げます。


近隣等で開催されていたイベントで、最近、諸問題等により開催が無くなってしまった様ですが、
どうか、このホームグランドとなる「吉田町アート&ジャズフェスティバル」は、継続して頂ければと願います。

と言う事で、
日時:平成26年5月3日土曜日 12時〜18時
場所:横浜市中区吉田町 通りを歩行者天国にして開催されます
※雨天により中止の場合、翌日5月4日(日曜日)
※開催日は1日のみです。
     artandjazz-724x1024.jpg

ともかく、この日の催事は、天気も晴れて温かな陽気であって欲しいと願うばかります。
また、多くの方にご来場頂き、楽しくも、心弾ませる、楽しいひと時をお過ごし頂けばと思います。

当日、Pharosの出店、展示販売をしておる事と思いますので、
商品、商材を手に取ってみて、お気に召すものがございましたらお求め頂ければ幸いに思います。
また、先日の「吉田町アート市」同様、ハンモック&ハンモックスタンドも、展示販売をしたいと思います。
お近くにお越しの際は、是非、遊びにきて頂き、その寝心地を体感してみては如何でしょうか?
     IMG_0917.jpg


皆様のご来店、ご来場、心よりお待ちしております。

Pharos 店主
  1. 2014/04/22(火) 01:17:48|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作「ペンケース」と「吉田町アート市」のご案内

皆様如何お過ごしでしょうか?
日和も温かくなり、とても過ごし易い陽気になりましたね。

さて、先般「ヨコハマ大道芸2014」と「吉田町アート市」についてのブログを記載させて頂きましたが、
いよいよ本日の開催となります!

お時間、ご都合宜しければ、各所の横浜観光を満喫して頂き、
そして毎年春先の恒例行事となりました、
「ヨコハマ大道芸2014」と「吉田町アート市」に足を運んで頂ければと思います。
この度の出店は、少々品目、展示物も拡大してイベントに参加しておりますので、お立ち寄りくださいませ。

とい言う事で、
改めて「吉田町アート市」に出店すべく、新作を作成しました。

今回、初のペンケースを作成したのですが、この様な感じに仕上がりました。
如何でしょうか?

IMG_0897.jpg

IMG_0898.jpg


吉田町アート1


皆様のご来店お待ちしております!

Pharos 店主
  1. 2014/04/19(土) 08:31:22|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作鞄「バンブーハンドル」について

今回は、是非、作品情報、活動記録の一つとして、
『新作鞄「バンブーハンドル」』の事を書き込み、記録したいと思います。

また、この鞄も今現在は、未だ買い手はついておりませんので、
お求めのご希望の方がおられましたら、
出店先にお越し頂くか、メール等でご連絡頂ければと思います。



今回は、牛革のシボ有り、オレンジ色に近い、ヌメ革での作品になります。
表面は、牛革、裏面は、ピッグスウェードの赤色を張りつけ、高級感を出しております。
厚みは、1.4mmの牛革と1.3mmのピッグスキンですので、おおよそ2.7mm厚と思います。
ですので、厚みによる張り腰も、重厚感も、しっかりしている鞄と思われます。

今回、初めての作風となりますが、手持ちは竹製の手持ちを用いております。
デザイン製と負担を軽減する上でも、真鍮製のリベットを打っております。

IMG_0869.jpg

IMG_0870.jpg

IMG_0871.jpg

IMG_0872.jpg

IMG_0873.jpg

IMG_0874.jpg

IMG_0875.jpg

写真からも読み取れる事と思いますが、開口部は、折り曲げ縫い合わせておりますので、
感触も柔らかくなっております。
また、再度も、内側での縫い合わせですので、サイドの面も柔らかい風合いになっております。
開口部は、3段階のバンドにより、調整が可能です。大きく開きたい時も、
厚みの無い時も、留め具とバンドの位置で調整頂ける事と思います。
使用しない時は、リベット止めですので、
くるっと回して内側に収納がかのです。ですので外観に影響が無い様にしております。


シンプルながらも、少々大きめであり、財布と小物が入る位のお出かけサイズでは無いでしょうか?
細部の縫いも、コバの面も丁寧に仕上げております。

お気に召して頂けた方がいらっしゃいましたらお譲り致します。
是非、一緒の時を重ねて、快適な時を過ごす道具として、活用して頂ければ幸いです。


Pharos 店主
  1. 2014/04/01(火) 00:20:39|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


旧年は、多くの方々のご支援を頂き出店・販売も順調に行えた事と思います。

振り返ってみれば、革鞄、革小物の販売も継続してまいりましたが、試みとして大きなイベントへの出店、情報発信を行い、
普段、展示販売する事の出来ない「ハンモック&ハンモックスタンド」の展示もさせて頂き、より多くの方々との交流の場を持つ事が出来たと思います。
小さな歩みでありながらも、継続する事で、多くの方々との出会い、交流、情報交換が行えた事は、とても貴重な体験をさせて頂いた事と思います。一重に感謝申し上げます。

そして、この様なブログやFacebookを通じての情報発信は、このPharosの活動を知ってくださった方々、
ご支援して頂いている方々が多く訪れて頂いた事で、情報を発信する側にとっても、とても良い励みにもなりました。

何よりも、Pharosの作品、商品を手にしてくださった方々へ、この場をかりて感謝申し上げます。
お陰様で、幾つかの作品、商品が人の手に渡り、今は、良き道具、良きパートナーとして活用されている事と思います。
どうぞ、多くの時間を共有し、良き道具、良きパートナーとして活用して頂ければ幸いに思います。

今年も、旧年以上に多くの活動を行い、良き出会い、良き交流の場が持てればと思いますし、
Pharosの作品、商品についても、限りある時間の限りある製作数となりますが、
皆様がたの良きLifeStyleの一端を担える事が出来れば幸いです。


今後も、どうぞ旧年同様、ご支援頂けます様、何卒、宜しくお願い申し上げます。
Pharosにとっても、このサイトを訪れて頂いた方々にも、今年は、良き年に成ります様お祈り申し上げます。


Pharos 店主
  1. 2014/01/05(日) 13:15:57|
  2. Pharos 作品と活動記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ